良い印刷物を作りましょう!

 Next → 印刷物の制作ポイント

情報を発信する手段の中で、という媒体はもっとも手軽な情報発信手段です。

名刺・封筒・チラシ・広報誌・プログラム・パンフレット・書籍など、いまだその便利さは変わりなく、文字を読むのには一番適していると言えるでしょう。

また、作り方次第で、その相手に伝わる印象は全く変わってしまいます

どう作ればいいのでしょうか?

カッコよく奇抜で斬新なものが決してよいわけではありません。

読んでもらうために「ちょっと」したことだけど大切なことがあります。

すでに印刷された一枚のチラシ。
もったいないチラシをよく見かけます。
その同じチラシでも、
「ちょっと」文字の大きさ、行間のバランスを変えると読みやすくなる。
「ちょっと」色を変えると目につく。
「ちょっと」余白をつくるとポイントが見えやすくなる。

そんな「ちょっと」したことに心を配る

「ちょっと」した事だから、あまり気づいてもらえないけれど、
その「ちょっと」の差「大きな」差になります。

「ちょっと」したことに気を配りましょう。

覚えてもらうことの大切さ。

繰り返し同じものを目にすると
人は覚えてくれます。

同じロゴを使い続ける。
同じイメージカラーを使い続ける。
同じフォーマットを使い続ける。

その意味は「覚えてもらう」ことにあります。

人はわずかでも記憶にあるものの方が目にとまります

覚えてもらって入り口を広げましょう

ネオ・クリエイトのデザインコンセプトである「伝わる、美しい」。
そんな印刷物を私たちと一緒につくりませんか?

確かな実績のもと「お客様と一緒に良い物を作っていく」これが基本姿勢です。

□Next → 印刷物の制作ポイント


(σ・∀・)σ お問い合せ・ご相談は コチラからお気軽に!

 

ページ上部へ戻る